不動産売却の基礎知識

  • TOP
  • 不動産売却の基礎知識

baikyaku

大切な不動産を取引する不動産売却は、動く金額も大きいため誰でも不安を抱えながら進めることが多いものです。不動産売却の経験がない方が圧倒的に多いこともあり、まず売却をスタートするところからハードルが高いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらでは、鹿児島市で不動産売却・買取・相続・投資用不動産などをサポートしている不動産会社「1LC株式会社」が、大切な不動産の売却を成功させるための考え方や不動産会社の選び方をご紹介しています。これから不動産の売却を予定されている方は、ぜひご参考にしてください。

不動産売却の考え方

不動産売却の考え方

不動産売却は大きな金額が動く重要な取引です。専門家の力を借りることは大切ですが、売買成功のためにも自分自身でも基礎的な知識は身に着けておくことをおすすめします。

周辺地域の相場を把握する

どんな商品でも同じですが、相場がわからなければ設定した売値が妥当なのかどうかを判断できません。不動産の価格は条件によって変化しますが、実は地域ごとに価格帯の相場が存在します。まずは周辺の相場を調べ、相場を基準にして価格を設定してみましょう。

価格について情報収集する

不動産の価格は立地条件や周辺の環境、さらには季節などによっても変化します。まずは地域の相場を基準にしながら、価格が変化する条件を調べて多角的な情報収集をしましょう。

不動産のアピールポイントをまとめる

売れる不動産は、買主様にとって魅力的に感じられる不動産です。まずは買主様の立場に立ってみて、冷静に不動産を見つめ直してみましょう。不動産周辺の地域の特徴や買い物・交通などの利便性、建物の広さや間取りなど、より客観的に分析したうえで、積極的にアピールすべきポイントをまとめましょう。

価格設定は慎重に

いつまでも売れない不動産は、どんなに魅力的であっても敬遠されてしまいがちです。買主様の手が出ないほど高額のまま希望売却額を提示し続けると、「売れ残り」と判断されて相場の価格でも売れなくなってしまうこともありますので注意しましょう。

失敗しないための不動産会社の選び方

失敗しないための不動産会社の選び方

不動産売買に特化した会社

不動産会社の業務を大きく分けると「不動産売買」と「賃貸物件紹介」に分かれます。専門的なノウハウを持っているのは、不動産売買を専門としている不動産会社です。

査定額の根拠を説明できる

契約のために都合の良いことばかりを伝える不動産会社もあるため、査定の際にデメリットやリスクも隠すことなく伝えてくれる不動産会社を選びましょう。査定内容についても、根拠を説明できるかどうかは重要です。不動産訴訟も実は多いため、信頼できる会社を選ぶことが何より大切です。

地域相場を把握している

多くの方が選ぶのは、査定額を高くしてくれる会社です。しかし、その査定額が地域相場より大幅に高ければ売れません。不動産会社は「3ヶ月以内に売れると想定される適正価格」を算出するため、地域の相場を把握していることが適正価格を算出する条件となります。

地域に密着している

地域密着型の不動産会社なら、地域の相場やトレンドなどを常にチェックしているほか、地元への広告や宣伝も効果的に行なうことができます。

査定額を上げるためのポイント

査定額は、売却する不動産の条件によって変化します。たとえ不利に思えるような狭小地や変形地であっても、活用法次第で査定額を上げることも可能です。

査定額を上げるためのポイント

※表は左右にスクロールして確認することができます。

不動産の状態 活用法
狭小地 3階建ての住宅にする、駐車場として活用するなど
変形地 土地に合わせた個性的な住宅を建てるなど
北側の道路 見られたくない部屋は南側にする、庭をつくるなど
経年劣化 リフォームやクリーニングなど

売却・購入時の費用・税金

売却・購入時の費用・税金

仲介手数料とは「成功報酬」であり、契約が成立して不動産が売れた際には仲介した不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。その他にも、不動産売却には税金を含めてさまざまな費用がかかるため、どんな費用が必要なのかを把握しておくことは重要です。

建物・土地の売却にかかる費用

※表は左右にスクロールして確認することができます。

仲介手数料

不動産会社が販売活動を行った場合、成約後に支払う成功報酬。

【計算式】
売買価格×3%+6万円×消費税

登記費

住所などを公示するために必要な費用。

  • 表示登記
  • 所有権保存登記
  • 所有権移転登記
  • 抵当権の設定登記 など
抵当権抹消費用
(該当者のみ)

住宅ローンの抵当権を抹消するために必要な費用。

2万円程度が相場だが、別途司法書士費用がかかることもある。

ローン返済費

住宅ローン完済前に売却する場合は、一括返済する必要がある。

売買前に抵当権の抹消が必要。

証明書発行費

不動産の売買に関わるさまざまな契約を結ぶ際の証明書を発行する費用。

  • 印鑑証明書
  • 住民票 など
引越し費・処分費

住んでいる状態の住まいを売却する場合は引越し費用が必要。

使用している家具や家電製品を廃棄する際には処分費もかかる。

必要な税金

※表は左右にスクロールして確認することができます。

印紙税

不動産の売買価格に応じて作成される文書に課税される税金。

印紙代は不動産売買契約書に記載された金額によって変わる。

登録免許税 不動産の所有権を移転する際の登記や、住宅ローンの抵当権設定登記をする際に必要になる税金。
消費税 不動産売却の場合、土地は非課税になるため消費税はかからないが、建物には消費税がかかる。 住民税

不動産の売却価格が購入時より上回った場合に発生する税金。

購入時と売却時の差額が税金の対象になる。

一般的な不動産売却の流れ

【1】相場の確認
まずは売却を考えている建物や土地の無料査定をご依頼ください。さまざまな条件をもとに、売却をお考えの不動産の相場を確認してお伝えします。
【2】売却相談・物件調査・価格提示
(査定書提出)
査定では、不動産会社が現地調査を行って不動産の状況や周辺の環境、市場相場などの条件をもとに価格を算出します。
【3】媒介契約の締結
仲介売却のご依頼を決めた場合、媒介契約を締結します。媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」という3つの種類があります。
【4】販売活動・交渉
弊社による販売活動や交渉が始まります。チラシやインターネットなどを活用して、売却したい不動産の情報を流します。
【5】売買契約
不動産の購入をご希望の買主様が見つかりましたら、売買契約となります。
【6】代金授受・物件引渡し
設定した代金を受け取って、物件の引渡しとなります。
【7】譲渡税の納付
物件の引渡しが完了しましたら、譲渡税を納付して仲介売却は完了となります。

圧倒的調査力で不動産売買に安心感を大切な不動産を売却するなら、信頼できる実績と経験を持った1LCへ

不動産売却メニュー

鹿児島市の不動産会社「1LC株式会社」の不動産売却メニューです。仲介売却から不動産買取、相続、投資用不動産まで、さまざまなメニューに対応しています。