仲介売却
【高く売りたい!】

  • TOP
  • 仲介売却【高く売りたい!】

brokerage sale

所有している不動産を売却して現金化する方法は多種多様ですが、「仲介売却」は売主様と買主様の間に不動産会社が入って売却するという、もっともスタンダードな方法です。高く売りやすいというメリットがあるため、とにかく高く売りたい方におすすめです。

こちらでは鹿児島市の不動産会社「1LC株式会社」が、所有している不動産をできるだけ高く売りたい方におすすめする仲介売却についてご説明します。

こんな方には仲介売却がオススメです

  • 子どもが成長して家が狭くなったので、広い家に引っ越したい
  • 長期の転勤のために家を手放すことになってしまった
  • 相続した不動産を手つかずのままにしてしまっている
  • 物件を所有したものの活用できずに困っている
  • 親との同居を考えているため、狭い家から広い家に住み替えたい

仲介売却とは?

仲介売却とは?

仲介売却とは、自分で不動産を売るのではなく不動産会社に間に入ってもらって買主様を見つけてもらうという方法です。もっとも一般的で手間もかからず、高額で売りやすい売却方法だと言われています。

仲介売却では不動産会社にサポートしてもらって不動産の適正価格を決め、売却を開始します。売却に関する対応はすべて不動産の専門家が行うため、土地の条件なども踏まえた詳細な価格を算出できます。さらに、売却に必要な広告活動や販売活動まですべて対応してくれるため、売主様の手間はほとんどありません。

条件に合う買主様が見つかって不動産が売却できた場合は、不動産会社に仲介手数料を支払います。

仲介売却のメリット・デメリット

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット 注意点
  • 売却活動を不動産会社に任せられる
  • 比較的高額で売却できる
  • 現金が手に入るため賃貸よりリスクが少ない
  • 自分で価格を決められる
  • 物件が売れるまでに時間がかかる
  • 広告などを出すと近隣に知られることがある

媒介契約の種類と違い

仲介売却を行う際には、不動産会社と売主様との間で契約を結びます。この契約を「媒介契約」と言い、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」という3種類の契約方法に分かれます。

媒介契約の種類と違い

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  メリット デメリット
一般媒介契約 複数の不動産会社と同時に契約を結べる方法で、多くの情報を流しやすくなります。 REINSへの登録が必須ではないため検索しづらくなるほか、立地条件によっては見てもらえないこともあります。
専任媒介契約 不動産会社は1社としか契約を結ぶことができないものの、責任を持って取り組んでもらえる方法です。 不動産売却のための販売活動はすべて契約した1社に頼ることになり、他社のサービスは使えません。
専属専任媒介契約 不動産会社は1社としか契約を結ぶことができないものの、責任を持って取り組んでもらえる方法です。 売主様は自分で買主様を見つけることができず、不動産会社に任せる必要があります。

【REINS(レインズ)とは?】

【REINS(レインズ)とは?】

REINSとは、全国の物件情報が登録された不動産会社共通のデータベースを指します。売主様が不動産会社に依頼した物件の情報は必ずREINSに登録され、不動産業者の情報はREINSのネットワークで集約されます。

昔は物件情報を調べるために不動産会社を何件も回らなければなりませんでしたが、現在ではどの不動産会社からでも簡単に必要な物件情報を検索できるようになっているのです。

ホームインスペクションについて

ホームインスペクションについて

「ホームインスペクション」とは、専門家による不動産の現状・性能の診断サービスを指します。診断を行う専門家は、住宅診断士の資格を持っている人に限られており、診断によって建物の正確な状態がわかります。

基本的に新築の物件であればハウスメーカーなどが保証をつけてくれますが、中古物件に保証が付くことはほとんどありません。ホームインスペクションを実施することで、瑕疵保険への加入が可能になるため、中古物件であっても保証が付くということが大きなメリットです。